持ち方には卓奏と立奏があります。演奏方法に合わせて持ち方を決めます。

卓奏

クロマハープを初めて弾く方や、子供達には卓奏が適しています。
膝あるいは適当な高さの台にのせて演奏します。その時にクロマハープの低音側が身体に近くなり、コードバーは身体とほぼ直角になります。(コードネームの見える方が手前になります。)
そして左手をコードバーの上に置き、右手は左腕の上を交差し弦をはじきます。

立奏

クロマハープを立てて抱えて弾くこの形は、右手の動きもスムーズにでき、ボリュームも出せます。
楽器を少し斜にして、高音側のボディ下側の角を左脚のももの付け根あたりにのせます。左腕の位置はクロマハープの高音側、アームレスト上になります。そして楽器を出来るだけ高く、腹に押し付ける感じで引き寄せてください。身体からクロマハープが離れるほど左手が動かし難く、また弦の高音部が弾き難くなってしまいます。